TOP > 個人情報保護
・長野県庁生活協同組合における個人情報の保護に関する方針


長野県庁生活協同組合(以下生協という)では、生協の事業遂行に関連して取り扱う個人情報を適切に管理するために、個人情報保護に関わる基本的事項を定めています。

<収集>
個人情報の収集に際しては、あらかじめ利用目的を特定し、本人に利用目的を明示します。

<利用・提供>
個人情報の利用は、あらかじめ明示した目的の範囲に限定します。
法令に基づく場合を除き、本人の同意を得ないで個人情報を第三者へ提供することは致しません。

<安全管理>
個人情報は、利用目的に応じ必要な範囲において、正確かつ最新の状態で管理します。
個人情報に関するリスクに対して、「生協における個人情報の保護に関する規定」に定める事項のほか、法令、その他管理手順に従い、合理的な安全策を講ずるものとします。
不要になった個人情報及び所定の保存期間が終了した個人情報は、適正な方法によって破棄または消去します。
以上、個人情報の秘密保持に十分な注意を払ってその業務を行います。

<開示>
本人から自己の情報について開示の請求があった場合、法令の定めるところ及び生協の業務に著しく支障が生じる恐れのある場合などを除き、別に定める手順で遅滞無く回答します。

<管理責任、その他>
生協は、個人情報取り扱いを厳正に行うために、個人情報保護管理責任者を配置し、安全対策の実施、職員への教育訓練などを推進し、着実に運用します。

平成17年4月1日
個人情報保護リンク